ダーツベースボール プレイのヒント


投球はスポーツだ!

ピッチングラインはピッチャープレートとみなすので、ワインドアップして大きく
踏み出してもOK!
キャッチャーボードにパッシ―ンとひっつけて打ち取ると、気分爽快!
でもモーションが大きいとタイミングを取られやすいので要注意。
意外にセットポジションからクイックモーションで投球したほうが打たれにくいかも?
コントロールがくずれた場合も、セットポジションからの投球が良いでしょう。
投球時、ボールが耳の横を通るようにするとコントロールが良くなります。

ひじのばねを使って速球、タイミングをずらせて山なりボール、サイドスローで
低めの投球と、変化をもたせて打取ろう。

ボールの持ち方も工夫しよう

慣れるまではダーツの持ち方でコントロールをつけ、
少し慣れたら羽根の中心に指をもぐらせると玉にスピードを乗せやすい。


羽根を持ち2本の指に吸盤を沿わせて投げると、ゆれる速球が投げられる。

バッターが打つ気満々の時に有効です。
ただし、ゆれるボールはバットにもキャッチャーボードにもつきにくいので、バッターが
打つ気満々の時に有効です。

バッティングは楽しい

距離が近いので真剣に楽しめる。
バットが軽いので、体力が無くても振り送れずについてゆける。
むしろ少し振り遅れくらいの方が、バットへの吸着率が良いかも?
初級者バットは広めのフェイスなので、バットのどこで打っているかがわかります。
上級者バットは本当の野球並の難度を出すため、フェイスが細く、上手な人で
3割打者になるようになっています。
スランプの時はバットを短めに持ってみましょう。







SEO [PR] 転職支援 冷え対策 オリンピック 掲示板 レンタルサーバー SEO